そもそも慰謝料って何?

慰謝料とは、相手に精神的損害を与えてしまった場合に発生する損害賠償金です。
相手の受けた精神的な被害に対する償いの気持ちを金銭で示し、
相手の傷を少しでも軽減するのです。
あくまで“精神的損害”に対する償いが慰謝料なので、所有権や財産権を侵害された場合、
その物的損害に対する損害賠償金が支払われるのみで、
慰謝料が支払われないケースがほとんどです。

 

 

「離婚する時は男性が慰謝料を払わなければならないの?」
と疑問に思っている方も多いようですが、
離婚の際に慰謝料が発生するのは、あくまで夫・妻のどちらかが不法行為をはたらいた場合であり、
必ずしも「男性が慰謝料を払う」という図式にはなっていないのです。

 

精神的損害とは、簡単に言うと、加害者のはたらいた不法行為により、
相手が辛い思いや悲しい思いをしたり、さらには肉体的に苦痛を感じた場合にも該当する概念です。

 

よって、配偶者に浮気をされて、妻や夫が深く傷ついた場合や
他者に暴力を振るわれて打撲や骨折等の怪我をさせられた場合、
上司からのセクハラがトラウマとなり、不必要な恐怖にさらされた場合などに
慰謝料の請求が認められます。

 

また、浮気(不倫)の場合、慰謝料は浮気をした配偶者本人だけでなく、
その浮気相手にも請求することができます。
ただし、浮気相手が、婚姻の事実を知らなかった・隠されていた場合には
浮気相手の非が認められず、慰謝料請求ができないこともあります。

 

慰謝料は浮気相手と浮気をした配偶者2人に対して請求するものなので、
例えば慰謝料の金額が200万円と認められた場合、
浮気相手に200万円請求し、そのあとで配偶者にまた200万円請求するということは出来ません。

 

いずれにせよ、精神的に苦痛を受けた人が慰謝料を受け取るのは当然の権利とも言えます。
一人で悩むよりも、専門家に無料相談してみると、新たな道筋が開けますよ。
しっかりと慰謝料請求をして、今後の人生を謳歌してやりましょう。